アレルギーについて アレルギーとは


アレルギーについて アレルギーとは

近年、アレルギー症状が身体に出てしまう人が増えてきています。
それに対応してかアレルギー科と言う科も登場してきました。

「アレルギー」とはギリシャ語で「変化した反応能力」を意味し
ています。

身体にアレルゲンと言う抗原が侵入すると、抗原抗体反応が身体
の中で起こります。その反応が身体に不利益な形で表されます。

それがアレルギーになります。逆に身体に利益的な反応を出す事
を免疫と言います。

誰もがアレルゲンが入ったからと言ってアレルギー症状を引き
起こす訳ではなく、アレルギー症状を起しやすい体質の方が起こ
してしまう場合が多いです。

ギリシャ語では「奇妙」という言葉をアトピーと言っている
みたいです。

よくお子さんがかかってしまうアレルギー症状に食物アレルギー、
蕁麻疹、アレルギー性鼻炎、アレルギー性結膜炎、気管支喘息、
アトピー性皮膚炎と言ったアレルギーが有りますが、

こうしたI型のアレルギー反応は遺伝による物が大きいようです。

アレルゲンと言う抗体が身体の中に入る事により、レアギン抗体
と言う抗体が作られ、血液に乗って全身に回り蓄積されていきます。

更にアレルゲン抗体が侵入した際に、レアギン抗体と反応し、化学
物質が放出され、アレルギー症状となって身体に出てしまいます。





・アレルギーと病院 アレルギー科について

・アレルギーどの症状で何科を受診したらよいか

・アレルギーではどんな症状が起きるか

・アレルギーの予防と治療

・アレルギー 花粉症の原因

・アレルギーの症状

・アレルギー 食物アレルギー

・果物アレルギー

・猫アレルギー

・犬のアレルギー

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのTrackBack URL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/44398565
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

スポンサードリンク