アレルギーの症状(アレルギー性皮膚炎)


アレルギーの症状(アレルギー性皮膚炎)

アレルギー性皮膚炎の症状は、皮膚に湿疹や炎症ができ、赤いボツ
ボツができたり、痒みが伴う浮腫が出来るのが主な症状です。

このような症状が引き金となり、不眠症になったり、イライラした
りして、ストレスが溜まります。
アレルギーの症状が精神的にも負担になってしまいます。

アレルギー性皮膚炎になる原因としては、食べ物アレルギーで起き
るもの、ハウスダストが原因で起こるもの

カーペットや、シャンプーが皮膚に触れた事で抗原となり起こるも
の等が挙げられます。その他、蚊やダニ等に刺された事で皮膚炎を
起こすこともあります。

こうしたアレルギー性皮膚炎を治す為には、アレルギー科がある
専門病院に行って、抗原となっている物を取り除いたり、
薬物治療をするとよい結果が得られるようです。

何が抗原になっているのか調べる方法として、皮膚反応テストと
血液検査で調べる方法が可能です。

検査で自分の抗原がわかったら、それを食べないようにすれば良
いのです。

次に薬物治療に関してですが、ステロイドやヒスタミン剤で痒み
を抑えます。この薬は軽い皮膚炎ではなくて炎症が酷い方に対し
て基本的に使っている薬となります。

こうした薬剤は効果は上がりますが、副作用の心配もあります。
医師の指導の元使うようにして下さい。


薬



・アレルギーの症状 (アレルギー性結膜炎)



人気ブログランキングへ


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのTrackBack URL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/44645051
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

スポンサードリンク