果物でもアレルギーは起きます。(口腔アレルギー症候群)


果物アレルギー(口腔アレルギー症候群)


口腔アレルギー症候群では、特定の果物、野菜
食べると咽の奥、唇、舌のかゆみや痛みを覚えます。

さらに吐き気や下痢などの消化器症状を起こします。
花粉症ではあまり起きない喘息発作を起して
救急車を呼ぶ事態になることもあります。


果物アレルギーは花粉症のアレルギーより強烈です。

アレルギーを起こす果物

オレンジ、キウイ、サクランボ、メロン、スイカ、
ナシ、リンゴ、バナナ、モモ、梅、イチゴ、パパイヤ、
パイナップル、レモン、グレープフルーツ


アレルギーを起こす野菜

トマト、キュウリ、クルミ、ジャガイモ、セロリ、
ニンジン、ニンニク、ナス

アレルギー症状のある方は果物、野菜にも気をつけたいですね。



果物、野菜もアレルギーを起こす可能性があります。



アレルギーの原因と症状 対処法トップへ



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのTrackBack URL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/46790842
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

スポンサードリンク