アレルギー アナフィラキシー 2



アレルギー アナフィラキシー 2


特に、血圧が低下して、体がショック症状になることを、アナフィラキ
シーショックと呼びます。

ここで言うショック状態とは、血圧が激しく低下し、命にかかわると
いうことです。

アナフィラキシーの症状としては、皮膚に、じんましんや紅潮が出る
ことがあり、浮腫も見られることがあります。

呼吸器症状としては、喉頭浮腫や声がかれてしまう嗄声という症状、
呼吸困難やぜいぜいと息をする喘鳴になることがあります。

消化器症状としては、腹痛、下痢、嘔吐、神経症状としては、痙攣、
頭痛、めまい、重症の場合は意識消失になります。

循環器症状としては、血圧低下や頻脈、そして、ショックから死亡して
しまうケースもあります。

このような状態になったら急いで救急車を要請してください。

獰猛なスズメバチ
ニュースなどで、ハチに刺されて死亡した
などの事件を知ることがあるでしょう。

「アナフィラキシー」の原因となっている
もので、良く知られているものが、ハチの
毒です。

その他、ペニシリンなどの抗生物質、蕎麦でもアナフィラキシーに
なる場合もあります。

それから、ラテックス、光や、熱、運動など物理的な刺激で起こる
場合もあります。

ラテックスとは、ゴムの樹液に、少量のラテックスをプラスしたもの
ですが、これは、たんぱく質が含まれています。




アレルギーの原因と症状 対処法トップへ




この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのTrackBack URL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/59689968
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

スポンサードリンク