アレルギーではどんな症状が起きるか


アレルギーではどんな症状が起きるか

アレルギー症状の原因となるアレルゲン(抗原)は色んな形で身体の中
に侵入してきます。その抗原で症状の種類も変わってきます。

口から入る抗原で、卵、牛乳、小麦、大豆等で出てくる食物抗原です。

これらに含まれている抗原を食べる事で、暫くすると蕁麻疹や嘔吐、
腹痛、下痢、ショック状態の様な症状が出てきます。

吸い込むタイプの抗原で、ダニ、塵、カビ、フケ(ペット等)等が
有ります。大抵の場合、気道アレルギーとしてでてきて、鼻水、頻繁な
くしゃみ、鼻の痒み、喘息の様な息苦しさ、気管支喘息、鼻炎と言った
症状が見られます。

花粉症では目や鼻が真っ赤になったり、痒くなったり、涙やくしゃみ、
鼻水と言った症状が出てきます。

皮膚から侵入するタイプはダニや塵になります。
皮膚アレルギーとして痒みや湿疹、赤み、ただれといった症状が出
てきます。

代表的な症状にアトピー性皮膚炎が有りますが、辛い痒みが長期間に
渡って続きます。

大人と子供でも違いが有り、子供の場合にはアレルギー自体が年齢の
せいで起こる場合があるとも言われています。

年齢が上がるに連れ、抗原が変わってきて、、症状が短期間で変わる
事も多いようです。

こうした症状が出たら、アレルギー科に受診して、適切な処置を受
けてください。


doctor_illust02_01.gif



次>>アレルギーの予防と治療




スポンサードリンク