食べ物アレルギー 牛乳アレルギー


食べ物アレルギー 牛乳アレルギー


牛乳を飲んでアレルギーを起こす方は大変多くいます。
牛乳アレルギーはどんな症状が出るのでしょうか。

主な症状は、下痢をしたり、湿疹、嘔吐、喘息を引き起
こしたりします。

牛乳アレルギーになる原因としては牛乳に含まれている
たんぱく質です。これが体内に入り、消化されない状態で
吸収されてしまう事により、アレルギーの原因となる
アレルゲン(抗原)になり、抗体が作られます。

そこに更に牛乳を飲んで抗原となったたんぱく質を吸収
しようとすると抗原反応が起こってしまいます。

この抗原反応がアレルギー症状として体の外に出てしま
います。こうした牛乳アレルギーは比較的子供に多い為、
牛乳を与える場合には充分に注意する必要があります。

よくびっくりしてアレルギー科が有る病院に駆け込んだり
しますが、この牛乳アレルギーは、大抵成長と共に自然と
治っていきますのでそれほど心配することもありません。

牛乳アレルギーを引き起こした場合、まれに
アナフィラキシー(急性アレルギー)を引き起こして
しまう可能性もありますので注意が必要です。

牛乳を与えた後、子供の症状がいつもと違う場合は軽く
見ないで、必ずアレルギー科を受診してください。



牛乳アレルギー


食物アレルギー 卵アレルギーはこちらから


食物アレルギー 卵アレルギー


食物アレルギー 卵アレルギー

卵アレルギーは子供に多く見られるアレルギーかもしれません。
卵アレルギーかなと思ったらアレルギー科で受診して
早い時期に卵を除去することが重要です。

そのようにすることで、腸の負担が軽減されて他の食べ物アレル
ギーを起こさないで済む可能性もあります。

ただ卵アレルギーだから、単純に卵だけを除去すればいいという
物でもありません。

子供の成長期に必要な栄養源も入っていますので最悪栄養失調に
陥る可能性もあります。またご両親のどちらかにアレルギーが
有るのであれば、お子様が卵アレルギーである可能性も出てきます。

また卵アレルギーと診断されたら、卵だけでなく、卵が入った
食品も控えなくてはなりません。例えば、パン、ケーキ、
お菓子などがNGになります。

アレルギーの程度にもよりますが、卵は魚の卵、鶏肉も駄目になる
場合もあります。私達が予期しない食べ物でもNGに
なる事があるのです。

素人判断をしないでアレルギー科を受診し医師の判断を仰いだ
上で除去食を考えてください。


ロールケーキカップケーキ

卵アレルギーの方はこんなおいしそうなケーキもNGですよ。





スポンサードリンク