アレルギー アナフィラキシー 3


アレルギー アナフィラキシー 3

天然ゴム製品などにラテックスが残留していて、それに接触する
ことによって、アレルギー反応が起こる場合もあります。

ラテックス中の成分が、食物アレルギーに多い、バナナやアボガド
キウイフルーツ、などに含まれているたんぱく質と似ているためです。

このラテックスなどは、成分が果物のたんぱく質と似ていることが
原因となっているので、アレルゲンとしては、まるで落とし穴のよう
な存在です。

アナフィラキシーショックが起こる場合、体の中ではどのようなこと
が起こっているのでしょうか。

人間の体には常に免疫システムがあります。
アレルギーの原因が体に入ってくると、そのアレルゲンに対して
「IgE抗体」が作られます。そして、体は「IgE」ができることを
記憶します。

次に、同じアレルゲンが体に入っていると、「IgE」とアレルゲンが
結合します。

これが、肥満細胞などを刺激して、ヒスタミンなどの化学物質を出
します。この物質が、急激なアレルギー反応を起こし、アナフィラ
キシーとなるのです。

ハチに刺された場合、最初に刺されたときに、体の免疫機構がハチの
毒をアレルギー物質として記憶するわけです。
次にさされると過剰反応を起こします。



アレルギーの原因と症状 対処法トップへ





アレルギー アナフィラキシー 2



アレルギー アナフィラキシー 2


特に、血圧が低下して、体がショック症状になることを、アナフィラキ
シーショックと呼びます。

ここで言うショック状態とは、血圧が激しく低下し、命にかかわると
いうことです。

アナフィラキシーの症状としては、皮膚に、じんましんや紅潮が出る
ことがあり、浮腫も見られることがあります。

呼吸器症状としては、喉頭浮腫や声がかれてしまう嗄声という症状、
呼吸困難やぜいぜいと息をする喘鳴になることがあります。

消化器症状としては、腹痛、下痢、嘔吐、神経症状としては、痙攣、
頭痛、めまい、重症の場合は意識消失になります。

循環器症状としては、血圧低下や頻脈、そして、ショックから死亡して
しまうケースもあります。

このような状態になったら急いで救急車を要請してください。

獰猛なスズメバチ
ニュースなどで、ハチに刺されて死亡した
などの事件を知ることがあるでしょう。

「アナフィラキシー」の原因となっている
もので、良く知られているものが、ハチの
毒です。

その他、ペニシリンなどの抗生物質、蕎麦でもアナフィラキシーに
なる場合もあります。

それから、ラテックス、光や、熱、運動など物理的な刺激で起こる
場合もあります。

ラテックスとは、ゴムの樹液に、少量のラテックスをプラスしたもの
ですが、これは、たんぱく質が含まれています。




アレルギーの原因と症状 対処法トップへ




アレルギーの重篤な症状 アナフィラキシー (1)


アレルギー アナフィラキシー (1)

どなたでも蕁麻疹になったり、かゆみが出たりする軽い症状の
アレルギーは経験があると思います。

健康な方でもその時の体調により、一時的に、アレルギー反応が
出ることがあります。

最近では、もっとも広く知られている花粉症も有名なアレルギ
ー性疾患のひとつであり、春先には多くの方が、耳鼻科や
アレルギー科のお世話になっています。

またアレルギーには、アトピー性皮膚炎、食物アレルギーなど
もあります。

そして、かゆみや蕁麻疹どころではおさまらなくて、体全体に症状が
激しく出て、とても重症になってしまう「アナフィラキシーショック」
という症状があります。

アレルギー性疾患の中でも、とにかく緊急を要する症状が、
アナフィラキシーです。「急性アレルギー反応です。」

去年、調布の小学校で重度の乳アレルギーの5年女児が給食を
食べて、複数の臓器に重篤な症状が出る「アナフィラキシーショック」
となり、死亡した例があります。

アナフィラキシーは、蕁麻疹などの皮膚症状が出るばかりでなく、喘息
になったり、呼吸困難になったりします。

同時にめまいや、意識障害などの神経症状、血圧低下のショック症状、
これらが、2つ以上、存在している場合をアナフィラキシーといいます。


アナフィラキシー(2)へ


アレルギーの原因と症状 対処法トップへ


スポンサードリンク