アレルギー 犬のアレルギーを確かめるには


犬のアレルギーを確かめるには


愛犬が身体を痒がって掻いていたり、舐めていたり、皮膚が赤く
なっていたりしても必ずしもアレルギーとは限りません。

虫に刺されたり、暑くて汗をかいて痒くなったのかもしれません。
ご自分の愛犬の様子はしっかりと見ておく必要があります。

先を舐める場合には、アレルギーの場合、暇つぶしと言った遊び
に近い場合、ストレスの場合と理由があるそうです。

こうした事を見極める為には愛犬の名前を呼んでみてください。
舐めるのを止めてこちらを見る様であればアレルギーではないし、
ひたすら舐めている様であればアレルギーの為に痒い
かもしれません。

気になる症状があるようでしたら、動物病院で診断をしてもらい
ましょう。

アレルギーと診断された場合はアレルギーと根気よく付き合って
いかなければなりません。

犬のアレルギーは長期戦で望む必要があります。

シャンプーは3日に1回くらい定期的にして清潔を保ってあげましょう。
又シャンプーをして乾かす時も、低温度のドライヤーで乾かして
ください。熱が炎症によくない場合もあります。


image203.gif





アレルギー 犬のアレルギー


アレルギー 犬のアレルギー

最近は人間だけではなくて犬にもアレルギーが発症しています。

アレルギーとは体内に抗原となる物が入ってしまい免疫機能が弱い
方に反応してしまう事を指しています。

この抗原は、犬によって違います。ある特定の食べ物、ハウスダスト、
タバコ、コットン、雑草、花粉、金属、紫外線等があります

これだけ見てると人間と同じですが、これらの内の1つだけではなく
複数重なる事もあるそうなので気を付けて見ておかないといけません。

犬にはその抗原に対する免疫が備わっています。
その免疫に大抵抗原の量が一定ラインを越えた時点で発症すると言う
事になります。

犬のアレルギーは皮膚炎が多いようで、食物性、接触性、アトピーと
いうようになっています。

犬は自分で症状を言えませんので飼い主が気をつけて、常に見てあげ
たいものです。

気になる症状が出たら、アレルギー科がある病院に行って診察を
受けましょう。

皮膚炎は柔らかい部分に出来てしまいがちです。舐めたり掻いたり犬が
する事で症状が悪化する事がありますので、病院に一度
行って診て貰いましょう。


image2078.gif






スポンサードリンク